JAのクチコミ・評判のTOPに戻る

JA地震保険の保障内容

JAの地震保険の保障内容ですが、一般の損害保険会社の商品と大きな違いはありません。

JAの場合、地震保険の保障額の上限も、民間同様に、主契約の半分までです。火事で2000万円の保障額なら、地震保険の額は1000万円が上限です。

JAの地震保険の場合、保障内容のことよりも、最初から主契約に組み込まれている保険が用意されている点が最大の特徴です。

それは、「建物更生共済(建更)」というJAの主力商品です。この建物更生共済では、地震保険があらかじめセットになっています。

民間会社の火災保険では、主契約に対する特約として、地震保険を別枠で付けますが、もともと組み込まれているのがJAの地震保険の特徴です。

  ※ ※ ※

(上記の文章は、JAの「建物更生共済(建更)」という積立型の火災保険に関するものです。以下の文章は、JAの掛け捨て型の火災保険に関するものです)

JAの地震保険は、保障内容を他社と比較してもさほど変わりがありません。つまり、JAの保険全般の質が上がってきているということになります。地震保険は大切なものであることに変わりはありませんが、質が上がっていたとしても何となくJAという言葉に違和感を覚えてしまっている方も多いのではないでしょうか。

以前までは、JAの保険というとどうしても対応が遅れたりサポートが悪かったりといったイメージがありました。確かに、JAの保険に加入されている方でそのような対応を取られた方がいたのも事実です。

しかしながら、最近のJAは保険にかなり力を注いでいます。ですので、地震保険の質も上がってきていますので当然安心感を得る事ができる保障内容となってきているのです。

保障内容はもちろんのこと、安心を得るために多くの方に利用されているJAの地震保険。地震の多い国である日本に住んでいる限り、地震の備えはしっかりとしていかなくてはなりません。

JAの地震保険について詳しく知りたいという方は、いろいろな方法を駆使して情報収集をしてみましょう。良い意見を多く見つける事ができ、安心できる保険商品であることを一目で確認することができます。

関連コンテンツ

JA地震保険の口コミ・クチコミ

JAには建物更生共済という口コミでも評価の高い火災保険があります。JAの建物更生共済には、地震保険が最初から組み込まれています。 地震保険がもともとセットになってぁΑΑ

JA地震保険の評判・評価

JAの地震保険に寄せられている評判・評価ですが、その前に、地震保険というのは独立した保険ではなく、火災保険の特約として付けます。この点を押さえておきぁΑΑ

JA地震保険の値段

JAの地震保険といえば「建物更生共済」ですね。この保険の値段は、積立型なので安くはありません。しかし、支払いがいいことで有名な保険です。阪神でも新潟で・・・